生活保護とNPO法人

生活保護って?

私たちが行っている活動の一部に「生活保護の申請」というのがあります。
生活保護とは、日本国憲法「第二十五条・すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」生活保護法の第一条「この法律は、日本国憲法第二十五条・に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。」とあります。

簡単に言うと「国や自治体が経済的に困窮する国民に対して、健康で文化的な最低限度の生活を保障するため保護費を支給する制度」です。
「生活扶助(生活費)」「教育扶助(義務教育の学費)」「住宅扶助(住宅費・家賃)」「医療扶助 (公費負担医療)」「介護扶助(要介護、要支援者への支給)」「出産扶助(出産費用)」 「生業扶助(職業訓練校等の費用)」「葬祭扶助(葬儀費)」の8種類です。
日本に住んでいれば、生活保護を受けられる権利があります。人間らしい生活を送る為の保障された制度なのです。

生活保護の申請は、住民票や本籍地のある役場ではなく申請する本人がいる地区の役場が窓口になります。(例:東京が本籍地で大阪に住民票があっても、今現在宮崎市にいる方なら、宮崎市役所が申請窓口)
申請時に、家族等に生活の援助等が可能かどうか役場より確認作業が行われますが、親や夫等からの家庭内暴力等で連絡をしてほしくない場合は、確認作業は行われませんので安心してください。

支給以外にも「市県民税の免除」「医療費3割負担の免除」等があります。その他にも「NHK受信料」等も対象になります。宮崎市(市町村合併の特例区、清武町は除く)では「下水道料金」等の免除があり、「有料ゴミ袋」等の支給などもあります。

NPO法人(特定非営利活動法人)って?

1998年3月に成立した法律「特定非営利活動促進法」により法人格を得た団体(特定非営利活動法人)の事で、一般的によく耳にする「NPO法人」とも呼ばれます。「NPO」とは、「特定非営利活動法人」の英語訳である「Nonprofit Organization」または「Not-for profit Organization」の頭文字をとった略語です。
「特定の公益的・非営利活動を行うこと」を目的とする法人で、「非営利」とは、団体の構成員に収益を分配しないで行っている事業活動に充てる事です。

簡単に説明しますと、公共性があり必要と分かってはいても民間企業は利益の無い事はしません。公共性があり必要と分かってはいても役場が出来ない事もあります。その隙間を埋める為の団体といえるでしょう。

トップページに戻る 相談してみませんかに戻る
宮崎 ほほえみの会 TEL(0985)27−0155
Copyright © 2013 Nonprofit Organization Miyazaki-hohoeminokai. All Rights Reserved
inserted by FC2 system